ゴルフの裏ワザ

ゴルフの達人たちの技

TOPアマ使用ドライバーランキングとそのスペック


【ゴルフの裏ワザ】TOPアマ使用ドライバーランキングとそのスペック

 

TOPアマ使用ドライバーランキングとそのスペック
1位は、テーラーメイドM2
テーラーメイドの『M2』はMシリーズの中でもかなり飛ぶモデルです。


とくにボール初速が速い弾き系ヘッドで、中古市場でも値が下がらず高評価を得ているクラブ

この二代目『M2』の発売は2017年3月だから、すでにロングセラーモデルといえますね。

2位は、テーラーメイドM4

大ヒットした『M2』の後継として2018年2月に発売。

直後にD・ジョンソンが試合で433ヤードのパー4をワンオンさせて話題になった。

ミスヒットに強く、直進性が高いモデル。

3位は、タイトリスト917とテーラーメイドM3

『M3』と同率3位に入ったのが、タイトリスト『917』。

「『917』は『D2』も『D3』も非常に完成度の高いヘッドです。

以下

5位 キャロウェイ エピックスター
5位 ピンG400LSテック
5位 本間TW737
8位 ピンG400
8位 テーラーメイドグローレ

5位タイのキャロウェイ『エピックスター』とピン『G400LSテック』には似た特徴があるそうです

「どちらも飛距離重視のモデルで、弾くヘッド、どちらも引っ叩いても曲がりにくい、直進性に長けたモデル。

8位タイのピン『G400』は『LSテック』に比べて深重心設計でミスに寛容なモデル、同8位のテーラーメイド『グローレ』は女子プロに愛用者も多い、つかまりのいいモデルです

全体として、テーラーメイドMシリーズが上位を占めたが、目立ったのはピン『G400』シリーズは40代に多く、50代は『グローレ』が多かったこと。

球をつかまえやすく、ヘッドスピードが多少落ちても飛ばせる点が支持されている理由のようだ。

160人のうち、3人に2人が460ccを使用。

ヘッド自体が460cc全盛なので当然と言えば当然。

上級者であっても、操作性重視の小ぶりヘッドは少数派だ。

「460ccが多いのは予想通りです。ヘッドの大きさは460ccが絶対に有利、スウィートエリアも広く、慣性モーメントも大きい。

当然飛距離も出ます。操作性より飛距離を重視しているのでしょう

ロフトのデータを見てみると、9.5度が半数に迫り、次いで10.5度、10度が続く。

「7割近くが460ccと考えると、大型ヘッドは重心距離が長く、つかまりが悪くなるので、本来ならつかまりやすい10.5度がセオリーです。

ただし海外ブランドは、表記ロフトよりもリアルロフトの大きなモデルが多く、表記が9.5度なら実際は10.5度くらいです。

競技派ゴルファーは使う前に試打しているはずですから、リアルロフトで10.5度というのが本当ではないでしょうか」

シャフト部門は3大メーカーが人気

グラファイトデザイン、フジクラ三菱ケミカルは3大シャフトメーカーと呼ばれるが、集計結果もこの三強が53%のシェアを獲得。

「3大メーカーで半分以上を占めているのは、大手クラブメーカーでカスタムシャフトが注文しやすくなったからです。

この3メーカーならほぼクラブ購入時にセットアップできるからですね

シャフトは自分に合ったものが基本になるので、上級者の大会で純正が少なく、カスタムシャフトが多くなるのは自然な流れですね」

メーカーではなく個別のモデルを見ていくと、1位はスピーダーの『エボリューションIV』となった。

「『エボIV』はしっかりめで、動かないシャフトといえます。自分からシャフトをしならせる必要がありますが、重量を軽くすればヘッドスピードが遅い人や女性でも十分に振り抜けます」

ツアーADは動きやすいシャフトでインパクトで弾く感じです。

いい意味でスウィングを助けてくれるシャフトで、ヘッドスピードが遅めでも振りやすいです。

『IZ』は左に引っかけたくない人に合います。

球が上がりすぎる人がボールを抑えたい、強くしたいという目的で選ぶのが『ディアマナ』です。上から叩くイメージが合いますね」

シャフト重量は60グラムが5割強、50グラム台も多い
上級者が好む重さやフレックスも気になるところ。

重量で多かったのは60グラム台。こちらはフジクラ、三菱、グラファイトともにモデルが充実し、シャフトの定番重量。

また、PGAツアーで流行りの「軽く・かたく」に当たる、50g台も支持を集めていた。

「シャフトを軽くすると、フレックスを硬くできるほか、全長も長くできます。つまり飛ばしに有利に働くわけです」

フレックスについてはSがXを2倍近く上回った。

その理由は「カスタムシャフトだから」だという。「純正シャフトの場合、X表記でもSの硬さということがあるのですが、カスタムであればSはSです。

またXが30%いました


では、長さについてはどうか。「今のトレンドは45.25~45.75インチ。

シャフトの性能が上がったことで、全長も長くなる傾向があります」



「日経カップ企業対抗」決勝に出場した40チーム160名のドライバーの調査結果より


真っすぐな球が打てる技


【ゴルフの裏ワザ】とにかく楽にまっすぐ飛ばす

 

 

まっすぐなショットはなかなかないものです、どちらかに多少曲がるものです

しかしライン出しやスティンガーショットを打てるなら、真っすぐは打てるはず

プロがお金になるから、ビジネスゾーンと言うらしいがこのふり幅で、強くて決まったキャリーが打てるようになると、真っすぐの球は出る

まずは、ドライバー ティーを低くして180ヤードのキャリーを打ってみます

スタンスを狭め、クラブも短く持って、縦ぶりをする、フェースの面を立てて、低く長く打ち抜く

キャリーの距離を揃えるのがミソで、ランを入れると200ヤードそこそことなります、ボールの高さは低く抑えられるから、風が強い日にはもってこいです。

狭いホールで200ヤードなら、3番よりドライバーの方が簡単に打てる、ボールの高さが低いからまるで金づちで打ったような、しっかりしたまっすぐな球が出る

9番アイアンで90ヤードキャリーで打つ、数ヤード転がるから
100ヤードそこそことなります、この場合もドライバー同様、短く持って、ビジネスゾーンで打つ。

この時一番注意するのは,ダフらないようソールを滑らせる
球は低く、スピンの利いた球となります、ウエッジやショートアイアンは曲がりやすいが、これは曲がりません。
ソールを滑らせる練習にもなります

パターはグリーン周りや、グリーン上ではピンから10ヤードの距離を1メーター以内に寄せる、この時の注意点はアイアンショットと同じ構えで、打ち方もアプローチ感覚で寄せる、そうすればスリーパットが激減します

アプローチで膝を使っているなら、膝を送ってもかまいません
プロは下半身を固定してパターしていますが、アマはマネしない方がよります

アプローチショットですから距離感はぴったりです、バックスイングもアイアン同様、後ろに引くことなく上にあげて下ろします。

このドライバー、9番、パターのフェースを立てた、低くて長いフォローのスイングが、真っすぐな球を保証します

足がつるなら漢方がいい、キャデイさんも持っていました

 

youtu.be

ツムラの68 漢方芍薬甘草湯エキス顆粒 20包
価格: ¥2,261
https://amzn.to/2JcPS53

 

【第2類医薬品】ツムラ漢方芍薬甘草湯エキス顆粒 20包

【第2類医薬品】ツムラ漢方芍薬甘草湯エキス顆粒 20包

 

 最近足がよくつります、夜中に起こると痛くてバタバタ転げまわります、ゴルフ中にも疲れてくると部分的につってしまいます



こむら返りは、ふくらはぎの筋肉が、異常に収縮して起こる症状です。

一般的には、足が「つる」という言い方をします。

ふくらはぎに限らず、足の指や裏がつる人もいます。


運動をするなどで大量の汗をかくと、脱水状態になることがあります。
そのようなときは、筋肉や神経の働きを調整している血液中のカルシウム・マグネシウムなど、ミネラル(電解質)のバランスが崩れることがあります。

水分が不足し、筋肉を安定させている電解質が不足すると、筋肉は十分な代謝を行うことができなくなります。
そうすると、こむら返りが起こるリスクが高くなります。

そのほか
過度の労働や運動による体の疲れ
体の冷え
ふだん使わない筋肉を使った後や、急に負荷をかけた後など

こむら返りが就寝中に起こりやすいのは、
足の甲とすねが一直線になる状態が長時間続き、感覚器官の働きが鈍くなるからです。

スグに行うと効果的なストレッチ

膝を伸ばして座る
足の指先を手前にゆっくり引き寄せる
立ちながら足を前後にずらしてアキレス腱(けん)を伸ばす

医者に相談してみると、漢方薬をすすめられました

2~3か月服用して、起こらなくなったのを確認、今ではゴルフに行く朝、服用するようにしています

こむら返りに使用される漢方薬には、筋肉のけいれんを抑える働きがある芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)があります。
芍薬甘草湯は、服用後10分ほどで働きが出て、即効性も期待できます。

芍薬甘草湯は、急激に起こる筋肉のけいれんをともなう痛みに対してよく用いられ、こむら返りの薬として知られていまます。

急性の腰痛・腹痛などにも使われます。そのほか、内臓の筋肉のけいれんにともなう痛みにも広く用いられ、胃痛や、胆石・尿路結石の発作時の疝痛(せんつう)、月経痛などにも応用されるそうです。

最近では、肝硬変の人や腎不全で透析中の人などの、筋けいれん対策に有用ともいわれています。


漢方の処方箋をみますと


寝ているときや運動中に急に足がつるといった急激な筋肉の痛みは、「気」と「血(けつ)」が一時的に不足している状態。

言い換えれば、動力と栄養分が足りなくなった状態というのが漢方の考え方です。

就寝時や急に激しい運動をして、たくさん汗をかいたときに起こりがちな足のつり(こむらがえり)には、不足した動力と栄養分を補給することで対処します。

芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)」は、不足してしまった「気」と「血(けつ)」を補い、筋肉の急なけいれんを鎮める処方です。

また、筋肉のけいれんに伴う腹痛や腰痛にも効果があります。

また、鎮痙・消炎作用によって、痛みを緩和しながら、栄養成分である血を増やす作用をもっています。

骨格筋や平滑筋のけいれんを抑制し、急激に起こる痛みを鎮めます。


注意書きに、高齢者で心臓病や高血圧、腎臓病の人は医師に相談してくださいと書かれていました、アマゾンで売っていますので、緊急サプリとして常備しています



【ゴルフの裏ワザ】ヘッドスピードを上げる最強の方法


【ゴルフの裏ワザ】ヘッドスピードを上げる最強の方法

 

 

レッスンで、クラブを早く振るために、インストラクター
がいつも言うことは

肩を回せ
腰を回せ、腰を切れ
腕を早く振れ
真下に落とせ、右足前でインパクトせよ

これらより、もっと強力なヘッドスピードを上げる方法があります

それは、空手の瓦わりです

空手の瓦割りを行うときの動きのイメージで、体を正面から見て「X」に使います。

「肩甲骨をしっかり旋回させています。アマは肩を水平に回してしまう傾向がありますが、これは体の向きが変わるだけで、肩甲骨が動いていないんですね」。

肩甲骨をしっかり動かすことで、上半身と下半身の捻転差ができて、よりパワーが出る。

飛距離を伸ばすコツはいくつかありますが「肩甲骨」の使い方が上手い人は飛距離がでます。

バックスイングでクラブが上に振られるのに連動して、腰を回転させるのではなく、切り上げてほしいのです。

イメージとしては空手の瓦割りです。クラブを置いて空手の瓦割りをしてみましょう。

構えたら、左手は下に突き下ろし、右手は肘を高く引き上げます。そのときの右腰の動きが「切れ上がる」動きです。

今度は、右手をつき下ろし、左手ひじを引き上げます

何度か瓦割りの動きをしたら、クラブを持ってバックスイングをし、スイングしてみます

腰を切り上げるとかなり窮屈な感じですが、太ももの裏側が張って力が蓄えられている感覚です。

一方、腰を回転するとバックスイングはしやすくなりますが、太ももはゆるゆるになります。

正しくバックスイングを上げることができれば、体がとても窮屈なので、おのずとヘッドは適正な場所に収まります

上体を開かずにパンチを繰り出す瞬間、右パンチの押しと左サイドの引きで一瞬、頚反射が起こり(体の左への回転に反し、首がちょっとだけ右を向き、軸回転を形成)左の首筋に張りを覚えるはず。とてもゴルフスイングに似ている動きと言える。

お手本は、アダムスコットのスイング、その一番の特徴はバックスイングにあります

「左肩を下げながら行う、きれいなバックスイング。体の入れ替えがきれいに行われています



シングルが教えてくれたこと 最低でもボギーで上がる


【ゴルフの裏ワザ】シングルが教えてくれたこと 最低でもボギーで上がる

 

単純計算ですが、全ホールをボギーで上がればスコアは90。

そのうちひとつでもパーを取れれば89、AクラスとBクラスとの境目ですね

90の壁を越えるのに必要なのは〝ボギー力〞で、それにはグリーン周りから確実に3打で上がることだ。

「アプローチはそこそこの場所に乗せて、そこから2パットでOK。

大事なのは1回で乗せること

「だったら、転がしたほうが断然やさしい。打ち方は同じにして、エッジまでの距離で番手を変えるだけ。ソールを滑らせて払い打てば、少しぐらいダフってもミスになりません。ミエを捨てて、この打ち方に徹したら、90の壁どころか、80の壁もクリアできちゃいます

転がし寄せを成功させる3ポイント

【ポイント①】エッジまでの距離で使う番手を決める
ボールを落とす場所はエッジから1~2ヤード先のグリーン上にする。

「ボールからエッジまでの距離と落ちてから転がる距離を計算して、最適な番手を選びます。

落とし場所が決まっているから、番手選びも楽勝です。

SWは緊急時用。AWまででほとんどの状況に対応できます」

SWは難しいクラブです、ランを出すのが簡単ではないから、何も無難しいクラブを選択する必要はありません

同じ30ヤードでも、ピンがカラーから5ヤードならSW,ピンがカラーから20ヤードならPWか9番アイアン

【ポイント②】バウンスを使ってソールを滑らせる

ボール位置は、どの番手で打つときも両足の真ん中。ヘッドを上から入れず、横から払い打つ。

「こうするとバウンスを使って、ソールを滑らせることができます。少しくらいダフっても、ミスがミスにならないから安心です」

クラブ選びも大切で、三角形ソールやラウンドで幅広ソールなら安心感があります

【ポイント③】体のリードできちっと振る

振り幅の小さいアプローチは、手先でクラブを操作しやすくなり、インパクトが不安定になりやすいから、脇をしめて手打ちを防ぐことが重要です。

「しっかり体でリードして打つことで、スウィング軌道も安定するし、距離も合わせやすくなるんです」

手を使うとどうしても強めに入って、柔らかく打てません

ピンまで30ヤード! 番手ごとの振り幅の目安

7I…エッジのすぐ近くからは7Iを使用。カラー部分だけ越して、あとはずっと転がしていくイメージ

8I…カラーから1~2メートル離れたら8Iが使いやすい。グリーン面に落として、ピンまで転がすイメ―ジ

9I…カラーから3~4メートル離れていたら9Iくらい。これも、グリーンに落としてあとは転がし

PW…エッジまでの距離によってPWを選ぶことも。エッジの先に落として、転がすイメージで寄せる

AW…グリーン面に落とすため、AWまでは使う。キャリーとランはだいたい1対1くらいになる

30ヤードを、下手投げで投げれば100%グリーンに乗せられると思うんです、これをクラブでもやれなければシングルにはなれない

ボールの近くに立ってクラブを吊って構える「トウ打ち」アプローチ

引っ掛かりやすいヒールを浮かせて、失敗の保険をかけておくことが必要です

ヒールを浮かせると、ソールの接地する面積がトウ側だけになるため、不思議なくらいソールの抜けがよくなる

アプローチは1回でグリーンに乗せる。

これが90の壁を破る条件だが、芝の薄いライやベアグラウンドは、ザックリやトップ、2度打ちの危険性もある。

こんなピンチを安全にやり過ごすワザを、壁を破ったゴルファーはちゃんと持っている。



こうすればコックはほどけない


【ゴルフの裏ワザ】こうすればコックはほどけない

 

 

コックをほどくなとよく言われますが、ほどくつもりはないのにインパクトではほどけているというのが普通ではないでしょうか

1、目標方向に向かってクラブを振り抜く意識が強いとほどけやすい



ダウンスイングでは、ボールに向かってパワーを開放する。


2、ダウンスイングの早い段階でコックがほどけて、アーリーリリースになっているのを確認できる方法は、若干のハンドファーストの形が作れていることです。


3、左手首が甲側に折れてしまうと、クラブヘッドが手元を追い越して、ロフトを増やしながらインパクトを迎える。
ハンドファーストどころか、ハンドレイトになります

4、フォローでは必ず右手が左手よりも上になるが、逆の形になってしまうと、ロフト通りに球が飛ばない。

グリーン周りでボールをフワッと上げて寄せるロブショット。

多くのアマはドライバーでロブショットを打っている」とさえいわれています。



飛ばないスイングの元凶は、フェースをスクエアに合わせる意識にあります


一見すると、フェースをまっすぐに動かしている方がインパクトゾーンが長くなるような気がするが、それは大きな間違いだ。

この振り方では、ロフトが増える方向にクラブヘッドが動いていき、かつインパクト後すぐにヘッドが上昇してしまう。

つまり、インパクトゾーンが短くなるばかりか、ロブショットのようにボールが高く上がって、飛距離が落ちてしまう。

インパクトゾーンを長くするには、フェースをターンさせながらクラブを振っていく必要がある。

そうすると、クラブヘッドはロフトが減る方向に動き、結果的にフェースがスクエアに保たれる時間も長くなる。

そのために必要なのがナックルダウンの動きです。

左手甲を地面に向けるナックルダウンでインパクトすることです


ゴルフスイングで大事なのは、クラブにきちんと仕事をさせること。

言い換えると、スイング中はクラブ全体を動かそうとする必要はなく、ヘッドを正しく動かしてやる意識さえもてば良い。

ヘッドの正しい動きとは、フェースの開閉であり、バックスイングでフェースは閉じながら上がって行く。

そしてダウンスイングでは、開きながら下りてくるわけだが、そのままでは開いて当たってしまうので、インパクトに向かってフェースを閉じてやる必要があるわけです。

そのために必要なのが、ナックルダウンであり、右腕を内旋、左腕を外旋させる動きになる。

これにより、正しいフェースターンが行われてフェースが閉じると同時に、インパクトゾーンが長くなるわけです。

また、ナックルダウンはその言葉通り、ナックル=左手の甲が地面を向くことなので、必然的にハンドファーストインパクトになります。

ダウンブローの軌道で、ロフトが立った状態でインパクトすることで、より飛距離が出るということになります。



ナックルダウンの動きができていると、肩を支点とした大きなアークのスイングになる。

逆に左手首を甲側に折ってしまうと、手首支点の小さなアークになる。どちらの方がより遠くへボールを飛ばせるかは一目瞭然ですね。



インパクト前後で右手首は甲側に折れた状態のまま動く。

一方の左手首はほぼ平らな状態をキープし、左手の前腕を外旋することでフェースをターンしていく。

これがナックルダウンの動き。

外旋が分かりにくいという人は、左手の中指、薬指、小指の3本をしっかりと握って、グリップをフェースが閉じる方向に回す動きをイメージすると分かりやすい。

スイング中は、クラブもシャフトを軸に開閉しているのです。

 飛距離が落ちてきたら是非、ナックルダウンを習得して飛距離アップを実現してほしい。

とにかく楽にまっすぐ飛ばす


【ゴルフの裏ワザ】とにかく楽にまっすぐ飛ばす

 

 

1  巻き込みフックをなくすには?

ダックフックともいう、巻き込みフックは、球の飛び出し方向が左で、そこからさらに左に曲がってしまう球のことを指します。

球が左に飛び出るということは、インパクトですでにフェースが左を向いてしまっているということです。

フェースが左を向いてしまう原因の1つに、腰が早く回りすぎているということがあります。

ですので、腰を回すのではなく、インパクトで腰を左にそのままズラすようにします。

そうすることで、フェースが返らずに球は真っすぐ打てるようになります。

2  インパクトでフェースがどうしても開いてしまうひと


フェースが開いてあたり、球が右に飛び出てさらに右に曲がってしまうスライス球が治らない状態ですね。

そんなときは、グローブのロゴを地面に向けるようにダウンスイングします。

グローブのロゴを地面に向けて下ろすと自動的にフェースも開かなくなり、閉じた状態でインパクトします

ポイントは、ダウンスイングの腰あたりまで、その意識を持つようにします

3  真っすぐに低い球を打つ

アゲンストの風が吹いているときなど、低い球をまっすぐ打ちたいときはヘッド軌道をダウンブローにします

右ワキを締めたままダウンスイングすることによって、煽り打ちになるのを防ぎ、ヘッド軌道も安定するので、真っすぐ低い球が打てるようになります。

《イメージは上から叩き潰す》

強い風が吹く、荒れた天候でドライバーを飛ばそうというのは無茶というものです

距離を落としてでも、まっすぐ飛ばすことを優先します

4  左手グリップの握りが浅い

球がつかまっているならいいのですが、ウィークグリップでは球がつかまりにくいんです

左手グリップの握りが浅いために、インパクトでフェースが開いたり、ロフトが寝た状態で当たるなど、パワーをロスしている場合は

左手をかぶせてフックグリップに握りましょう。

そしてフェースが空を向くトップをつくり、ダウンスイングではフェースがボールを見続けるイメージでインサイドから振り下ろすと、フェースがかぶってインパクトでき、飛距離も伸びます。

5  曲げずに飛ばすためにヘッドを速く動かす


体にクラブを巻きつける感じで動かします

テークバックでは腰を右に回すと同時に右ヒジをたたみながら体にクラブを巻き付けるように上げます。

これで、上体を無理に回さずにクラブをスムーズに上げられます。

同様にフォローでも左ヒジをたたみ、クラブを体に巻き付けるように動かせば、上体を大きく回さずにヘッドを走らせることができます。

このとき右手が左手より上にくると、スムーズに左ヒジがたためます


トップで両ヒジを曲げてもいいので、体の近くにクラブを通すことで、体の回転は少なくてもスムーズにトップまでクラブは上がる

シャフトを立てるように体の近くにヘッドを通すと、体を大きく回さなくてもクラブは上がりやすい。

シャフトを立たせながら手よりヘッドを高く上げる

のがポイントです