ゴルフの裏ワザ

ゴルフの達人たちの技

シングルが教えてくれたラインのよみ


【ゴルフの裏ワザ】シングルが教えてくれたラインのよみ

 

傾斜が微妙で、スライスか、フックか迷ったときのおすすめ

それは、カップから最も低い位置を見つけることです

カップに正対して直立し、足のウラで傾斜を感じながら探します

そこを時計の6時に見立て、カップを中心とした文字盤をイメージします。


最も大きく切れるのが、真横に位置する3時のフックと9時のスライス。

自分のボールが何時の位置か考えると、ラインがわかる。

というわけです

受けグリーンに対してヨコの位置からカップの傾きを見ると、6時の地点が特定しやすい

6時の位置を基準に左はスライス、右はフックになります


 この場合、6時の位置からは上りのストレート、真逆の12時は下りのストレートになります。そして、真横に位置する3時はフック、9時はスライス。


ボールの位置に屈んで、カップの低い位置を見つけたら、そこに立ってみるのがコツです。

「パットの成功率を高めるには、カップインの入口を考えましょう。

時計の文字盤をイメージするのがおすすめです。

まず、ストレートの場合、入口は6時になります。問題は曲がるラインですが、スライスでは、7時の位置を想定します



 同じラインでもタッチの強弱でカップインの入口は変わります。強いタッチのスライスは6時30分の位置ですし、弱いタッチで7時30分。

極端な傾斜を除き、1時間の幅に収まります。そのため、中間の7時の位置を入口にするとタッチを誤ってもカップインしてくれます
 
カップの入口を考えるとき、スライスなら7時、フックなら5時を想定するのがおすすめ。タッチがズレてもカップインする可能性が高まります

そして距離では

5ヤード以内を寄せ、1メートル以内を確実に決めるコツ

平らなところで確実に5ヤードを打てるストローク、距離感を身に付けます

振り幅とストロークの速さを一定にして、いつでも、この場所なら5ヤードを打てるという基準を先につくるわけです

5ヤードというと歩幅でだいたい5歩ですね

別にそれが4ヤードでも6ヤードでも構いませんが、
5ヤードはわかりやすい数字だからです。

1メートル以内の距離って、視界にカップが入ってくるんです。

そうなるとどうしてもカップのことが気になって、打つより先に顔がカップを向いてしまいます。

顔が左に向けば、その動きに引っ張られて、右肩が出ます。つまりインパクトでは完全に左を向いてしまっている。

左手で顔の左側を隠して、強制的にカップを見えなくし、そして右手だけでパットをします。

1メーターをカップを見ないで入れられれば、体は動かない

アイアンナイスショットの本物はこれだ!


【ゴルフの裏ワザ】アイアンナイスショットの本物はこれだ!

 

 

一昔前には、プロたちはわらじのようなターフを飛ばしていました、尾崎や青木の時代です

さぞや手首への衝撃も大きかったことでしょう、しかし最近はクラブの進化でレベルブローが主流となりました

もちろん、地面にあるボールを打つのですから、ヘッドの最下点がボールの先に来るダウンブローなインパクトゾーンにはなります。

ターフは「とる」ものではなく、「とれてしまう」ものなんですね。

クリーンに払い打つイメージでちょうどダウンブローになり、上から打ち込んでターフをとるイメージだとかえってダフリやすくなってしまいます。

豪快にターフをとるプロのアイアンショットはカッコいいものだが、ターフはあくまでもクリーンに打った結果として取れるものとなっています

実際にスウィングをすると、ダウンからインパクトにかけて、遠心力によってシャフトが縦にしなってヘッドの先が落ちます

いわゆるトウダウンと呼ばれる現象ですが、結果的に、トウダウンによってインパクト付近でクラブヘッドはアドレス時よりも低い位置を通るわけです。

また、ダウンスウィングでは遠心力で腕の関節も伸び、さらに手首はリリースされます。

すると、ボールだけをクリーンに打つ意識でも、ヘッドが思ったところより下を通って、ターフがとれてしまうわけです。

アマがダフるのは、アドレスと実際のスウィングではクラブヘッドの通る位置が違うというのを知らないことが一番の原因なんです。

試しに、上級者が練習場でアイアンを練習しているのを観察してみるといいと思います。

おそらく、聞こえてくるのはクラブがボールを打つ乾いた音だけで、ヘッドがマットにこすれる音はほとんどいないはずです。

ステンレスヘッドなら、カチッという、たとえるなら石と石があったような音がします

ハーフトップというと少し大げさかもしれませんが、スコアラインの3~4本目辺りにクラブの芯があるとしたら、練習では下から1~2本目でボールだけを打つ意識があるといいでしょう。

それでもコースに出れば、自然と力が入ってスウィングのスピードが上がるので、下から1~2本で打つ意識でも、インパクトでは思ったより「厚く」入ってしまうはずです。

にもかかわらず、コースでも下から3~4本目の芯でとらえようとすれば、手前をダフるのは当たり前。

ですから、練習場のマットでは、板の上のボールを打つような意識が必要でしょうね。

硬い板の上にあるボールを打とうと思ったら、ボールだけをクリーンにとらえるイメージにならざる得ないですから。

スコアラインの下から1〜2本目で打つことを、練習では意識しよう。それで本番では自然に3〜4本目にある芯でとらえられる

――練習場でドスンドスンとマットを叩く音をさせているようじゃダメなんですね。

アベレージゴルファーが、いきなりスコアラインの下から1~2本目で打てと言われても、ちょっと難しいと思います。ですから、まずはわざと芯を外して打ってみます

小さいスウィングでヘッドのトウやヒール、スコアラインの下や上などで打つ。

慣れてくれば、自分のフェースのどの部分で打ったかを感じとることができるようになるはずです。

アイアンで難しければ、パターから始めてもいいでしょう。芯がどこにあって、芯でとらえるとはどんな感覚かを知ることがアイアン上手になる第1歩です。

SWを使って、ティアップしたボールを腰から腰のハーフスウィングで打つドリルがいいでしょう。

ゴムティならゴムに当てずに、ティペッグならば、ティを飛ばさないように打つのがポイントです。

実際にやっていただければわかりますが、SWでティアップしたボールだけをクリーンに打つのはなかなか難しいはずです。

打点が上下にブレたらクリーンに打つことはできません。

上手く打つためには、手打ちにならずに体の反応でテンポよくクラブを操作する必要があります。最初はティを低めにしてもかまいません。

そして徐々に高くしていき、スウィングの幅も大きくしていくといいでしょう。地味な練習ですが、繰り返し続けることで、切れ味鋭いアイアンショットが打てるようになります。

【ゴルフの裏ワザ】シニアの体にやさしい楽に回転して飛ばす


【ゴルフの裏ワザ】シニアの体にやさしい楽に回転して飛ばす

 

プロにも若くて筋肉質だが、若干体が硬いという人もいます。

プロでいうなら、柔軟性のローリーマキュロイ対少し硬いマットクーチャーのような感じです

体の硬いタイプはどのようにスイングしているのか?

体の回転を支えているのは、両足のカカトです。

トップは体の硬さゆえ、非常に浅いものです。

90度くらいしか捻転されておらず、コンパクトです。

しかし、ダウンスイングからの強烈な(タメ)と強靭な腕力でクラブを引き下ろしてきます。

重いインパクトでボールを打ち抜いた後はそのエナジーをカカトで受け止め、回転して逃がしていきます。

もしこの動きをしなければ彼の膝は衝撃で簡単にやられてしまいます。

この動きは体が柔軟なリッキー・ファウラー選手にも見られるのです。

多くのPGA選手(JBやHoffman)が無意識のうちにこの動作を行なっています。

なぜ多くのプレーヤーがこの動きを見せるのでしょう?

ハンマー投げでは、重いハンマーを遠くへ飛ばすのも、遠くへボールを飛ばすために振るゴルクラブも基本原理は同じです。

ただ、重量がはるかに重い(5kg)ハンマー投げではその動きが歴然としてきます。

クラブはハンマーほど重くありませんが、体を回転していく過程は同じです。

ハンマー投げの選手の左足はボールが投げられるその寸前まで100%カカト軸で回転していきます。

つまり、カカト軸でゴルフクラブを振れば、回転で使われるエナジーはフィニッシュに向かう過程でフェードアウトします。

言い換えると、カカト軸で回転していけば、背筋や腰に負担はまったくと言っていいほどかからないものなのです。

ここでシニア向けのからだにやさしいスイング根拠があるわけです

腰を痛めたり、体の関節部を痛めたりするなら筋肉で早く振るより回転で速く振った方が、体にやさしいわけです


体が硬くなってしまったシニア世代の方の場合、フェニッシュで左足ツマ先が目標方向まで回っても構わないのです。



カカト軸で回転するからといって、最初からカカト荷重にするわけではありません。

感覚としては、決してカカト荷重でもツマ先荷重でもなく、常に足の重心はセンターにあります。

【ゴルフの裏ワザ】即効!ダフリ撲滅


【ゴルフの裏ワザ】即効!ダフリ撲滅

 

ダフリが出やすいのは、もともとゴルフクラブはシャフトの延長線上に、ヘッドがなく後方にありますから落ちやすいんです

卓球のラケットみたいな状態なら、打ちやすくダフリにくいんでしょうね

ダフリミス 1
 
体重を左に乗せることができず右に残った状態で回転すると、当然ヘッドの最下点も右に来るのでダフりやすくなります。

ダフリミス 2

ダウンスイング時、体の開きが早いと、コックを早くほどいてしまうことによって、ヘッドがボールの右側の地面を叩き、ダフりを起こしてしまいます。

右足体重タイプの撲滅ドリル


スタンスを狭くすることで傾かずにスイングできます
右に体重が残ってしまうと身体は傾くので、頭が右に残り最下点も右になります。

そこでスタンスを狭くして回転する練習をやってみましょう。

スタンスが広いとどうしても傾きが出てしまうのですが、狭いとそれほど傾かずに振る事ができます。

パターなども、ダフリが出たらスタンス幅を狭めます
女子プロがパターを打つとき、両足をくっつけて打つ人も多い


手首をどうしても使ってしまう人の撲滅ドリル

スタンスを広くし、腰をグッと下ろす


ダウンスイングでクラブを早く振ろうとしたり、ボールに当てようとして手先を使ってしまうと、角度を崩してしまいどうしてもダフリやすくなります。

手首の角度をずっとキープしたままスイングできればヘッドは落ちないので、ダフらずにインパクトできます。

大きくスタンスを広げてグッと腰を落としましょう。

手の位置をヒザの高さくらいまで持っていき、角度をつけます。そしてそのままスイングしてみましょう。

この時に手首がスッと伸びやすい方はダフりやすいです。

ずっと手首の角度をキープしたまま振る練習をします

それができたら徐々に体を普通の形に戻していき、そこでも手首の角度がずっとキープしたままスイングできればダフりは絶対になくなります。

それでもダフリのミスが出るようなら、ダウンブロー気味に打ってみます

元々クラブは、シャフトの後ろ側についていますから
手前に落ちやすいものです

それなら、ボールの先に落とせばいいわけで、胸骨をボールの真上か、前にセットしボールから直接打ちます

ボールの真下が理想ですが、ボールを拾えればOKです

【ゴルフの裏ワザ】即効!トップ撲滅


【ゴルフの裏ワザ】即効!トップ撲滅

 

トップでうっかりやるミスは、前上がりのスタンスでよくおこります

これは、構えからして左肩があがりやすい状態なんですね

スイング中に左肩が上がり、ボールの上を叩いてしまいます


トップが起きる原因は、スイングの際に左肩の位置が上がってしまうことで当然体も起き上がり、ヘッドがボールまで届かなくなるからです。

左肩の位置がボールから離れずにスイングできれば、ヘッドは遠ざかることなく、ボールをしっかりとミートできます。


肩の位置を変えずにスイングする方法のチエック

左手でクラブを持ち、右手を左肩の上に当てる


左手一本でトップまで上げ、体の回転を加えましょう。

手で抑えることで、肩の高さを変えずにインパクトまでもっていくことができます。


スイングで「少し体が伸び上がっている」「肩の位置が動いてしまう」と感じた時は、このチエックをやってみてください。

【ゴルフの裏ワザ】ワンランク上のアプローチ


【ゴルフの裏ワザ】ワンランク上のアプローチ

 

上りで、バンカー越えグリーンは受けていて、ピンは旗しか見えていない距離は50ヤード、また同じく距離は50ヤード、大きなグリーンでピンは奥、花道からピッチエンドランで、転がして寄せたい

この時、プロとアマはスイングがかなり違う

プロは打ち方を変えないが、アマはすくったり、打ち込んだりします

特に打ち込むのは、距離合わせが難しくなります、

この場合は、状況に合わせて打ち方を変えるという考え方を変えて、
ボールの高さを変えるという考え方にします

理由は、バンスを滑らせてボールから打ち、なるだけ芝の影響をなくして、距離を合わせたいからです


では、高さをコントロールする打ち方です

まずは、振り方で高さを打ち分けようとしないこと。

低く出そうとして、上から打ち込めば、上半身が先に行って腕を引っ張ってくるようにスイングします

逆に、高く上げようとして、ロブ気味に体を開いて、すくうように振れば、腕は上半身追い越していきますよね。

しかし、もっとシンプルに振るほうが距離が合います

どんなアプローチにも共通する基本は、クラブヘッドを上半身の正面にキープすること。

腕が体を追い越したり、後から遅れてくるようなバラバラなスイングは、ミスはへらないのです。

いつもアプローチが、同じスイングならバンスを滑らせる技術を磨けばいいことになりますね

アドレスで形を作ればOK

振り方は一切変えません。では、何を変えたら良いでしょう?

答えは、アドレスです。具体的には3つ。

グリップの位置、ボールの位置、体重配分です。

この3つを調整し、アドレスであらかじめ、低く出す形、高く上げる形を作ってしまえば、振り方を変える必要はまったくありません。

低く出すときはクラブを短く、高く上げたいときは長く持ちます
実際にやってみるとわかりますが、シャフトを握って高い球は打てません

グリップを持つ位置を変えるだけで、ボールと体の距離が変わり、低く出すときは自然とアップライトに、高く上げるときには自然とフラットな軌道になります。

ボールの位置は、低く出すときに右、高く上げるときには左へ

右にセットすれば自然にロフトが立ちますし、左に行けば、ロフトが寝てきます。

低く出すときは左足体重、高く上げるときは右足体重

そして体重配分です。この時はイメージを持てば自然にできます

ランニングアプローチでは左足一本、逆にロブショットは右足体重のイメージを持ちながらショットします。



高低を打ち分けるよう、グリップ、ボールの位置、体重配分を変えたら、手のポジションは自然に決まります。

低く出したいときには自然にハンドファーストに、高く上げたいときにはハンドレートになります。

この時の一番の心配は、ダフリですね

それを解消してくれるのは、バンスを滑らせるという行為です

これに練習時間を割けばすぐできるようになります


このようにアドレスさえ決めてしまえば、高さの打ち分けは簡単にできます

ボールの高さをイメージすると同時に、自然と体が反応してアドレスできるようになれば、高さのコントロールは自由自在です!

【ゴルフクラブ】フェアウエイウッドとユーティリティどちらにするか?


【ゴルフクラブ】フェアウエイウッドとユーティリティどちらにするか?

 

ゴルフクラブのランキングや新クラブの情報:ゴルフクラブ: https://www.youtube.com/channel/UCHzK... ************************************************************** 人気動画 師弟対決も最終局面!元賞金女王の実力が最後まで炸裂!?熱き戦いを制するのは師匠か弟子か、果たして・・・?【SKE48】【山内鈴蘭】【古閑美保】【プロバト】 https://youtu.be/KSqIX_Q0uII 最長飛距離320y!可愛いドラコンプロが登場。【押尾さきちゃんのぶっ飛びゴルフ#1】 https://youtu.be/zgySZQzH5WE 【ゲキ飛びポイントは左肩!!】新テクニックは肩はずし👍 https://youtu.be/tHtsZk79cyw